35歳からの不妊治療まだ間に合う!

35歳からの不妊治療まだ間に合う!

子供が欲しいと思い、自分なりに様々なことをやっていたつもりでした。ネットで「子宝に恵まれる」と書かれていたサプリを注文して飲んだり、飲酒も良くないと聞いたので極力減らすようにしていました。運動にも力を入れましたがなかなか実を結ぶことが出来ず「これは病院に行くしかない」と意を決してクリニックを予約しました。クリニックは今後も通いやすいようにと近場な場所を選びました。先に予約する際電話をかけたのですが、「どういった内容で受診されますか?」と聞かれ、「子供がなかなか出来なくて」と伝えると「不妊治療となりますがよろしいですか?」と伝えられ、そこで改めて「私は不妊治療するのか」と思うと少し胸が詰まるような思いでした。

 

 

私の行っていたクリニックは産科と婦人科が一緒になっておりお腹の大きな妊婦さんと同じ待合室で待つことになりました。幸せそうに自分のお腹を撫でる妊婦さんを羨ましく思いながら自分の順番を待っていました。ようやく呼ばれて先生から軽い問診を受けると「子供作りたいんですか?」という一言。はいと答えると「このままでは無理ですねー」と。先生は私のようになかなか子供が出来ない方を沢山見て来られたでしょうからスパッと思ったことをおっしゃっているようでした。それでもどうしても子供が欲しかった私はそのクリニックで不妊治療を受けることにしました。

 

 

私は生理不順になることがよくあり生理周期が一定ではありませんでしたので、まずは生理周期を整えるというスタートでした。カバサールを処方され、毎日の体温を婦人体温計で測るというものです。その間にもタイミングを取る日を指定され、タイミングを取ってから生理が来たらまたカバサールを処方され…という繰り返しでした。病院に行く日なども指定され細かく指定されていた為、会社を半休を取ったりするなどかなり時間調節が大変でした。それでも一日でもずれてしまえば今月のタイミングの日にちが終わってしまう恐怖もあったので何とか時間を取って病院に行っていました。

 

 

病院に通って4か月後、いつものようにタイミングを取ってからいつも来るであろう生理予定日を待ったのですが来ませんでした。「もしかして」と思って生理予定日から10日待って検査薬を使うと「陽性」の表記。まだ妊娠と決定したわけではありませんでしたが、トイレで一人泣いたことを今でも覚えています。その後病院にて「おめでとうございます、大変でしたね」と言葉を頂き妊娠が確定となりました。私は4か月ほどの不妊治療でしたが、やはり旦那さんの支えがかなり大きかったと思います。クリニックに行った日には毎回どうだったかを話し合い、「頑張ろうな」と声をかけ合いました。旦那も仕事が終わってから指定された日にタイミングを取るというのも相当大変だったと思います。それでも「俺よりお前の方が大変だから」と一緒に頑張ってくれたのは本当に心強かったです。不妊治療しているということはなかなか周りには公表しにくいものだと思いますので、夫婦二人で「未来の子供の為に」と思えば頑張れないことはないと思います。